蛇口の水漏れ修理はパッキン劣化なら誰でも交換可能

蛇口の水漏れは修理を早めに済ませないと、いつの間にか水道料金が高額になってしまうから注意が必要です。

単水栓の場合原因の多くはゴムパッキンの劣化で、交換作業も比較的簡単に済ませることが可能です。工具と新品のゴムパッキンさえ準備できれば、誰でもすぐに取り掛かることができます。給水を止水栓で止めてから作業を開始しないと、大量の水が噴き出したり流れ出たりするので忘れずに行う必要があります。ナットを緩めてハンドルを外すと目的のゴムパッキンが装着されたケレップが見えるので、ピンセットでつまむと中から取り出しやすいです。

パッキンのみ交換するときは新品が少しきついので、しっかりと取り付けることが大切です。中途半端にはめてしまうとせっかく蛇口の水漏れ修理を行ったのに、全く水が止まらないことになりかねません。もし、ゴムパッキンだけ交換するのが難しいならパッキンが装着された新しいケレップと交換してしまう方法があります。コマパッキンという名前でも売られていて、節水タイプが広く流通しています。この節水タイプは、慣れていないと無駄にバルブの開閉頻度が増えて、取り替えたばかりのゴムパッキンが早く摩耗してしまうことがあるため注意が必要です。

単水栓ではなく混合水栓の場合は接合部分が多いため、いろんな個所のパッキンが劣化する可能性があります。主に偏心管と呼ばれる壁につながる管のバルブ側のほうで劣化することが多いです。どの水栓も使われているパッキンは一つではなく、ほかの接続部位で使われているものが劣化している場合があります。一か所交換して蛇口の水漏れが修理できない場合は、ほかの場所の部品も交換してみるとよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *