簡単に行える蛇口の水漏れ修理

蛇口の水漏れにもいくつかの種類がありますが、その中でも水が出てくる口部分から発生してる時にはパッキンやコマを調べることをお勧めします。

不具合が発生しても自分で修理を行うことができ、手順さえ知ってしまえば戸惑うこともありません。修理をする際には工具が必要となるため、事前に必要な工具を揃えておきましょう。一般的に必要になるのはモンキーレンチやプライヤー、ピンセットです。まず最初にやるべきことは、ハンドルの下にあるナットをモンキーレンチやプライヤーで外す作業です。

外してみると中にコマという部品があり、それをピンセットでつかんで外します。取り外したコマにはナットがついていますのでそれを外し、パッキンを新品と交換します。この時の注意事項は、節水コマやエスコマは使い捨てとなっているため、コマそのものを交換する必要があるという点です。該当するケースでは、事前にコマの用意も忘れずにしましょう。

交換したらコマをハンドル部分に差し込み、元に戻していきます。外した時と逆の手順で元に戻していけば迷わず行えますので、手順を忘れないようにメモをしておくのもお勧めです。きちんと劣化した部分を交換できれば蛇口の水漏れは治まっているはずですが、これでもおさまらない場合には別の理由が潜んでいる可能性があります。自力では直せない蛇口の水漏れは、専門の業者に依頼して蛇口の漏れの修理をしてもらうことになりますが、できれば平日の日中に依頼しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *