蛇口の水漏れ原因と修理方法

蛇口の水漏れの原因を探る前に、まずは蛇口のタイプや構造を知る必要があります。

どちらの場合でもハンドルをしっかりと閉めているのに水が止まらない場合には、ハンドルやレーバーに関わるスピンドル部分に破損や劣化等のトラブルが発生している可能性があります。特に古くなると劣化による水漏れが起こりやすくなりますので、こまめなチェックが必要です。修理を行う前に、止水栓や元栓をしっかりと閉めるのを忘れてはいけません。

閉めないと作業中に大量の水が出てしまう恐れがあります。その上で、スピンドル部分の劣化が水漏れに関係している時の修理ではハンドル部分をスパナやドライバー等の工具を使って取り外し、ハンドル部分をドライバーを使い外したら新しいスピンドルと交換します。ナットとハンドルを元に戻せば蛇口の水漏れも解消されているはずですので、元栓を開いて確認しましょう。新品のスピンドルは、ホームセンター等にも売られていますので入手するのは簡単です。

レバータイプの水漏れの修理では、バルブカートリッジの交換が必要です。まずはレバーハンドルを外してカートリッジ押さえと呼ばれる部品もスパナで外し、バルブ本体を引き抜いたらバルブカートリッジをはめ込み、解体した逆の順番でパーツを戻すことによって修理できます。必要な部品や工具がいくつかありますが、どれもホームセンターで売られていますので、いざという時のために用意しておくことをお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *