蛇口の漏れを自分で修理する方法

キッチンや洗面所、お風呂など様々な場所で蛇口を使っていますが、水漏れしてしまうというトラブルはよくあるケースです。

水が漏れたままだと焦ってししまいますが、自分で蛇口を修理する方法を知っておくといざというときに便利です。台所や洗面所で多く使用されるシングルレバータイプの混合水栓の蛇口が水漏れしてしまった場合、修理するときにはどこから水が出ているのかをチェックします。水を出しているときにだけ出ているという場合には、パッキンが劣化していることが考えられます。そのため、レバーを外して下の部品も外して、パッキンを交換すると改善できる可能性が高いです。

水を止めても出て来る、という場合にはカートリッジの劣化が考えられます。カートリッジは同じ型番のカートリッジを購入して交換すれば、修理が完了です。吐水口につながっている細い管であるスパウトが問題になってるケースもあります。スパウト自体が故障しているか、ナットが緩んでいる、パルプの故障、パッキンの不具合などが考えられるため原因を慎重に見極めてそれぞれ新しいパーツに取り替えることで直ります。

お風呂の蛇口は水とお湯が出る蛇口の2つに分かれているハンドル混合水栓が多いです。ハンドルを回すと水が出るという場合にはこれもパッキンの劣化が原因ですので、パッキンを交換します。ハンドルを閉めても水が出るというときには、ケレップと呼ばれるパッキンを交換します。それでも止まらないのであればハンドル全てを交換する必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *