蛇口の水漏れを自分で修理する方法

洗面所やキッチン、またお風呂にある水道の蛇口から水漏れするというのは、よくあるトラブルと言えるでしょう。

慌ててパニックになってしまう前に、自分で修理できる簡単な方法があることを知っておくのはよいことです。水道の蛇口からの水漏れを自分で修理するためには、必要最低限の工具を揃えておくことができます。その中には、ボルトを回す際に必要なモンキーレンチ、締め付けの度合いがメモリで分かるトルクレンチ、小さな部品を取り出すのに便利なピンセット、またネジを回すのに必要な精密ドライバー、さらには蛇口の取り外しの際に必要な水栓レンチなどがあります。

もちろん一言で水漏れと言っても、水を出している時に漏れるのか蛇口を閉めている時にそうなのかなど状況によって、修理の方法も異なってくるものです。例えば、水を出している時に周囲から出てくる場合には、パッキンを交換することで直ることがあります。パッキンの交換は、必ず止水栓を閉めてから行うようにしましょう。

それに対して、蛇口を閉めた後でもポタポタと水漏れしている場合であれば、内部カートリッジを交換することが必要かもしれません。そのような場合、カートリッジの品質が劣化していると考えられるからです。さらに、よくお風呂にあるようなハンドル混合水栓の場合は、パッキンを交換することにより、自分でも簡単に修理することができます。いずれにしても効果的な修理のポイントは、どの部分でトラブルが起きているのかを見極めた上でふさわしい工具を使って直すということです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *