症状ごとに異なる蛇口の水漏れの修理方法

同じような水漏れに見えても、蛇口のどの部分から出ているのかで修理方法が異なります。

蛇口ハンドルの下部分は水漏れしやすい箇所ですが、すぐに目につきますので症状の軽いうちに修理できます。この部分への対処法として、ナット内部のパッキンに問題が無いかを確認することが大切です。ハンドル部分を全開にしますので、モンキーレンチやプライヤーが必要であり、ハンドル下のナットを緩めてハンドルを外します。

外したらハンドルを分解して、パッキンを押さえている三角パッキンを新品と交換して、外した手順と逆に戻していくだけです。交換する部品は一つですし、手順も複雑ではありませんので、簡単に直せます。蛇口の取り付け部分から水漏れが発生している場合、パッキンやネジに巻かれているシールに不具合が生じているのかもしれません。修理方法は、水栓レンチで本体を回転させて取り外し、根元にある古いシールテープやパッキンを新品と交換します。

新しいシールテープを取り付ける時には、根元から巻き付けていくのがポイントです。蛇口本体を取り付ける時には、傾きがないかをチェックしながら仕上げましょう。このように、簡単な手順で直せるケースも多いので、詳しい原因を探ってから修理業者に依頼するかを決めるのがお勧めです。実際に依頼しても自宅に到着するまでに長い時間がかかり、その間に原因が分かって直ってしまうケースもあります。出張費等の問題もあるため、まずは自力で直せないかを探ることが大事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *