いくつかのポイントがある蛇口の水漏れ修理

蛇口の水漏れを自力で修理したい時に覚えておきたいポイントがいくつかあります。

修理する場合には原因を特定しなければなりませんが、主な原因に何があるのかを知らないとどの部分を調べたら良いのかが分かりません。ですから、まずはよくある要因を知り、該当する症状がないかを確かめます。よくあるのがパッキン等の劣化やナットの緩みです。

一般的に蛇口のレバーは、構造上の問題で水漏れを起こしやすくなっています。何度も上げ下げしていると自然と緩みが発生してしますのですが、バルブカートリッジを交換すればすぐにおさまります。修理といってもバルブカートリッジを交換するだけなら難しくはありません。通常これが原因なら漏れ方は大量に流れ出るのではなく、ポタポタと出てくる程度です。これを放置すると徐々に増えてしまう可能性はありますが、最初から大量に出ることはありません。止水栓の接続部分もよく水漏れを起こす箇所であり、原因の一つにナットの緩みがあります。

長年使っているとナットは自然に緩んできますが、水が漏れ出てこないと緩みを確認できません。止水栓部分から出ている時には工具でナットを締め直してみて、それでだめならパッキンの老朽化を疑います。蛇口部分のパッキンも経年劣化によるトラブルがよく発生していて、中を開けてみると劣化により水の調節ができなくなっていることが分かります。水が出てくる口部分からの場合には、バルブカートリッジが故障している可能性大です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *