浴槽つまりの対処方法と静岡で専門業者を探す方法

水回り設備機器では水漏れやつまりのトラブルがしばしば起こります。

これは浴槽でも起こります。浴槽は丈夫に造られていますが、それでも排水口周辺の破損や給湯器に繋がる給水部分のパッキンが劣化したり、プラスチックの浴槽では劣化してひび割れが生じ、そこから水漏れする事もあります。こうした浴槽の水漏れは自分で修理する事は難しく、専門業者に依頼すべきです。一方で、浴槽つまりが生じて排水が出来なくなる事もあります。浴槽の排水管は洗い場の排水口とも繋がっており、臭いの逆流を防止するために排水トラップが設けられ、ストレートにメインの排水管に繋がると言った単純な構造ではありません。

従って浴槽の排水が出来なくなると共に、洗い場の排水も出来なくなるケースが多くなっています。そのため、異物を落とした自覚がないのに自然に浴槽の排水が出来なくなった場合には、洗い場の排水口と浴槽の排水口に市販のクリーナーを流し入れてつまり解消できないかを試してみると良いでしょう。それでも駄目なら、やはり専門業者に修理依頼するのがベターです。

自分で針金などを排水口に入れて突いても、先に書いた様に構造が少し複雑なので、簡単に解消する事は難しいのが実態です。専門業者に出張修理を依頼する場合は、例えば自宅が静岡市の場合は、「浴槽つまり修理、静岡市」でネット検索すれば、静岡市を出張エリアとする業者が何社もヒットします。専門業者さんなら、浴槽つまりの発生している箇所を管内カメラでチェックしたりして、つまりの原因を取り除いて解消してくれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *