トイレのつまりや水漏れの原因など

日常生活で使うトイレにつまりや水漏れが発生することがあります。

まず、トイレのつまりの原因は何でしょうか。大きく分けて、水流不足と異物の流れ込みがあります。レバーの大小は大便ならば大のレバーと用途に応じて分けられています。そして、確実に流れるような水量の設定がなされていますが、大便なのに小のレバーで流せば水流不足は免れません。最近は水道代節約の観点から、トイレのタンクに水の入ったペットボトルを入れている方がいますが、タンクの水量が減ってしまい、つまりの観点からはデメリットが大きいです。

異物の流れ込みは、大量のトイレットペーパーや、ティッシュペーパーがあります。水に溶けやすい物と言えども、大量であればつまりを引き起こす原因にもなりますし、ティッシュペーパーは言うまでもありません。小物や食べ物も引き起こすものとして挙げられ、そして食べ物や嘔吐物は要注意です。食べ物の中には油分が含まれているのがあり、便器の内部や排水管に引っ付いてしまう恐れがあります。

トイレの水漏れの原因としては、接続部分のパッキンなどの経年劣化やナットの緩みが大きいです。このような場合は、部品の交換で水漏れの解決はなされやすいです。床下から水漏れが発生した場合は、パイプ周りから出ているか、床下の排水管から出ている可能性があります。まず、原因を特定するには止水栓を閉めることが有効です。被害の拡大を防ぐメリットがありますし、原因の特定に繋がりやすくなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *