老朽化に伴う洗面台の詰まりと水漏れの問題を解消する

住宅内に設置している洗面台は、比較的トラブルが少ない水周りの設備として知られています。

シンプルな構造と大体のケースで、排水管は直下に大元の排水管が埋設されているので、流れも良好という環境が特徴です。大元の排水管は太く作られているので、一気に水を流しても通常は問題は起きないことが耐久性の良さを実現しています。老朽化が進んでいる洗面台は少し事情が異なってしまう場合もあり、詰まりや水漏れが排水管から起きてしまうという事例は確かに存在しています。

洗面台の下には収納用のスペースがあり、扉を開けることができるタイプが一般的に使われていますが、知らぬ間に収納スペースが水浸しになっていたり、洗面ボールからの排水スピードが以前よりも遅くなったという現象では、そのまま使用することはできません。修理の専門会社に任せると、全ての不具合を直ぐに解決できますが、洗面台の下側の排水管の老朽化では穴が開いている可能性があり、水浸しの原因になっている場合もあります。該当する症状であればそのままの状態で修理することは不可能なので、排水管を新しいものに交換する方法で、詰まりも水漏れも解消できます。

老朽化している排水管の場合は、樹脂製のタイプや金属製のタイプの両方が該当しますが、樹脂製はジョイント部分から亀裂が入りやすく、金属の場合は金属疲労による穴が出てしまうことがあります。修理会社に依頼をすると、かなりの耐久性を実現する強化樹脂製の排水管を用いることもでき、汎用パーツを在庫に持っていることが前提なので、依頼と共に詰まりと水漏れ現象は一気に解消できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *