排水管の漏れや詰まりの原因とは?

排水管の漏れや詰まりが起こってしまうと、漏出した水の影響で室内にカビが発生したり、排水口から悪臭が発生したりと日常生活にさまざまな悪影響を及ぼします。

水漏れや詰まりはその原因に対して対処しない限り、自然に元に戻ることはありません。まずは原因を見つけ、適切に対処する必要があります。漏れの原因として一番最初に確認すべきは管の劣化です。家が建ってから長い年月が経過している場合には、排水管も着実に劣化していき、破損してしまう場合もあります。年数が経っているのであれば、経年劣化を考えて、管そのものの交換を検討する必要があるでしょう。なお、排水管の結合部分が緩んでいて漏れるというケースもあります。その場合には、結合部分を締めることで解決する場合があります。

締めても改善しない場合は、その他の箇所の劣化や破損を確認することが必要です。また、経年劣化以外にも地震の揺れなどの外的要因で排水管が破損するケースもあります。強い揺れの場合は一度の揺れで破損するケースもあります。たとえ弱い揺れでも何度か繰り返されたことで、ダメージが徐々に進行し、破損して水漏れを起こす可能性もあるでしょう。一方で排水管の詰まりは、料理の際に使用した油や管に流れ込んだ食べ物のくず・入浴時に流れ込んだ髪の毛などが原因になります。油を排水管には流さないように気をつけていたとしても、食器洗いなどの際に食器に付着していた油が徐々に蓄積してしまう場合もあるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *